×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

低分子フィッシュコラーゲンとは

低分子フィッシュコラーゲンは、普通のコラーゲンとどこが違うの?

低分子フィッシュコラーゲンは、普通のコラーゲンとどこが違うのでしょう?
コラーゲンにはブタ由来や魚由来などいろいろあって、どれがいいのか迷いますよね。

 

選ぶときに大切なのは、含有量ではなく、吸収率!
いくらたくさん入っていても、吸収されなければ、入っていないのと同じです。
コラーゲン分子が小さくて良質なコラーゲンであることがポイントです。

天使

 

 

 「天使のララ」お試しセット¥1,080送料無料!

 

 

コラーゲンは、動物の皮膚、血管、腱、骨などのほとんどの組織に存在
する繊維状の不溶性タンパク質。体内にある水分の次に多い成分です。

 

皮膚に最も多く存在しますが、加齢や紫外線などによる活性酸素によって
コラーゲンの新陳代謝が鈍ると、シミやシワなどの肌トラブルが引き起こされます。

 

赤ちゃんの肌がプニプニと弾力やうるおいに満ちているのは、体内に新鮮な
コラーゲンがたくさんあるためです。

 

コラーゲンが少なくなってしまうと、コラーゲンの鎖にひずみができるため、
みずみずしさが失われやすくなり、乾燥を強く感じるようになります。

 

美容や健康に重要な役割を持つコラーゲンですが、忙しい現代の生活の中では
どうしても不足しがちですね。コラーゲンを多く含む食品はカロリーが高く、たっぷり
摂るとカロリーオーバーになりやすいというのもコラーゲン不足の原因になっています。

 

食事ではなかなか充分に補えず、サプリメントをとる人が増えていますが、
サプリメントもブタ由来のコラーゲンや魚由来のコラーゲンなど原料も様々で、
製法も多種多様。やみくもに選ぶのは危険ですし、選ぶのにも一苦労だと思います。

 

フィッシュコラーゲンとアニマルコラーゲンは、アミノ酸組成に差異があり、
大きな違いには分子の大きさの違いがあります。同じ濃度にした場合、フィッシュ
コラーゲンはサラッとしていますが、アニマルコラーゲンは粘り気があります。

 

また、同じフィッシュコラーゲンでも原料となる魚がすんでいる場所によって、
微妙に性質の違うコラーゲンが抽出されます。

 

コラーゲンを選ぶときに大切なのは、含有量ではなく、「吸収率」。
コラーゲン分子が小さく良質なコラーゲンであることが大切です。

 

ただ、含有量が多ければ、多いほど良いコラーゲンというわけではなく、
吸収率の悪いコラーゲンをいくら摂取しても意味がないということになります。

 

フィッシュコラーゲンは牛や豚などから抽出するアニマルコラーゲンに比べ、
脂肪分が少なく、水に溶けやすいという特徴があり、魚類のコラーゲンの
変性温度は人の体温よりも低いため、体内で吸収されやすいとされています。

 

キレイを引き寄せる美容情報