×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

美肌に大切なコラーゲンが不足するのはなぜ?

コラーゲンが不足する大きな原因

美肌に大切なコラーゲンが不足するのはなぜ?

 

コラーゲンは、たんぱく質の一種で、からだの様々な組織や部位の50%〜80%が
コラーゲンからできています。からだの土台となる大切な役割を担っているんですね。

 

でも、コラーゲンの寿命は約半年。
新鮮なコラーゲンを保つには、体内でずーっとつくり続けなくてはいけません。

 

コラーゲンをつくる材料はアミノ酸とビタミンC。これらの材料からコラーゲン
をつくり続けることで、体内のコラーゲンは一定の量を保っていられます。

 

コラーゲンが不足する大きな原因として、まず年齢があげられます。
通常の生活をしていても、加齢とともに毎日減少していくのです。

 

忙しい人やスポーツをしている人、また過度のダイエットをしている人などでは
さらに多く失われていると考えらます。

 

コラーゲンは、1度に大量摂取するのではなく、毎日コツコツと摂り続けることが大切です。

 

 

 「天使のララ」お試しセット¥1,080送料無料!
   * 低カロリー無添加液体フィッシュコラーゲン *

 

うる肌実感♪飲むたびに自信☆周りの反応が楽しみになりますよ_彡☆
女性ってお肌がキレイになると、ワクワクしてきますよね!

赤ちゃんの肌がモチモチぷるぷるなのは

赤ちゃんの肌
赤ちゃんの肌がモチモチぷるぷるなのは、体内に新鮮なコラーゲンが
たくさんあるため。しかし、コラーゲンは年齢とともに減少していき、
20歳でピークを迎えます。

 

そして、その後はどんどん減っていき、その量は40歳で2分の1、
60歳ではなんと3分の1になると言われています。

 

コラーゲンが少なくなると、コラーゲンの鎖にひずみができるため、
肌の弾力やみずみずしさが失われやすく、乾燥がちになってしまいます。
硬くもろくなったコラーゲンが増えた結果です。

 

足りない新鮮なコラーゲンを補う為には、いっぺんにたくさん
摂取するのではなく、コツコツ摂っていくことが大切です。

 

キレイを引き寄せる美容情報